規模による種類

ビル

引越し業者の規模によって、どのような違いがありますか?

はい、それでは各引越し業者の規模に応じた違いを説明します。


■大手引越し業者
テレビコマーシャルや電話帳の広告ページなど、広範囲に宣伝活動
を行っており、知名度が高く、売り上げや受注件数が多い大手業者
は、サービスの種類が多く、全国規模で動くことができます。

引越しを専業としているところが多いため、ノウハウがあって安心
して利用することができます。但し様々なサービスが多い分、輸送
のみを行う業者よりも料金設定が割高になる傾向があります。


■中堅引越し業者
大手に比べるとコマーシャルが少ない分だけ知名度が低いですが、
サービスやノウハウなどに、引越し専門のシステムを持っている所
が多いです。

中近距離を主軸として、大手より割安に利用されることが多いです。

また業者同士で提携している場合もあり、これによって全国規模の
引越しや、海外引越しに対応できるところも多くあります。


■運送業者
引越し業を専門とするのではなく、運送業の一部として引越し荷物
も取り扱う業者で、地域をベースに操業している小規模なところが
多い。

業者数自体も一番多く、電話帳などで調べるとたくさん出てくるが、
運送業がメインなので、家具や電化製品の搬入などはプロではない
ことが多い。

但し引越し用のオプションサービスが少ないため、家具設置や電気
工事の人員を自分で確保できる場合は、割安で依頼できて金銭的に
安く済ませられる傾向がある。


■軽貨物業者
1台の車につき、貨物積載量が350kgまでと決められている軽貨物を
利用する業者で、単身者や小規模な引越しの時などに、荷物の運送
だけに利用することができる最も安価で済む可能性が高い方法。

大抵の場合、運転手と運送のみのサービスなので、依頼主の方で、
搬入や搬出の人員を確保しておかなければならない。


■不動産屋の提携業者
賃貸物件を探しているときや、ハウスメーカーなどで引越し業者の
仲介をされていることがあります。

特別割引があるように書かれており、本当に安い場合もありますが、
実は一概に安いわけではないので注意が必要です。


このように、様々なサービスや料金体系の違いを持つ引越し業者が
多数ありますので、時間に余裕があり、少しでも満足度の高い引越
しにするためにも、やはり見積り合わせをするべきです。

関連エントリー

 
Copyright © 2009-2010 引越し・転居の手続き準備ガイド. All rights reserved