契約・見積りに関すること

お金の問題

契約や見積りの時などで、気をつけておきたいトラブル事例は
ありますか?

■見積り金額と請求額が違う
基本的には「契約書」に記載された金額のみを支払う義務が生じ
ます。

契約書は、見積りで納得した金額で契約書が作られますが、概算
で見積りした場合、実際の荷物量と違いが生じる場合が生まれ、
請求額が変更されるケースがあります。

このため契約する前には必ず下見をしてもらい、実際の運搬量の
確認をしてから契約をするのが無難でしょう。

また見積書に記載されていないオプションを利用した場合でも、
合算して請求されるために見積り額と請求額が異なる場合があり
ます。

お願いしていない分を支払う必要は当然ありませんので、契約の
内容以上のことをしていないか、確認する必要があります。


■見積り代金の請求
基本的に見積りでお金がかかることはありません。見積りで料金
を徴収することは禁止されていますが、特殊な物件の場合には、
下見にかかる費用が発生することがあります。

依頼する業者の営業区域外への交通費や、特殊事情のある場合等
ですので、厳密に言えば見積り代金ではなく、「下見に要した費
用」なのですが、説明を省略して「見積り代」とされることもあ
るようです。


■見積書以外の請求
引越し業者のサービスで、無料サービスとなっている事柄を当日
請求されたというトラブルがあります。

電気工事など、特殊な工事の場合には、引越し業者の作業員とは
別に、工事会社の作業員が入ることがあります。

工事会社が引っ越し業者に請求するべき金額なのですが、誤って
個人に請求してしまったというケースもありますので、このよう
な場合にはまず、元請けである引越し業者に全て支払う前提で、
とりあえずその場での支払いはやめておきましょう。


■内金の支払い
基本的に、内金や手付金を支払う必要は一切ありません。

「標準引越運送約款」を利用している業者は、引越し完了までに
料金の請求を行うことはありません。

しかし全部の業者が「標準引越運送約款」を利用しているわけで
はありませんので、中小業者などに運搬を依頼する場合や、大規
模な引越しで高額となる場合などでは、内金や手付金が請求され
ることもありえます。


■見積り金額の差が大き過ぎる
たくさんの見積りを取れば取るほど、その見積り金額の差に驚く
ことがあるかもしれません。引越し料金は、運賃とサービス料金
から成り立っています。

運賃は監督官庁に届け出してあり、各社でそれほど差が生まれる
ことはありません。

大きく差が出るのは、附帯サービスの料金です。

高いから悪い、安いから手を抜かれている、という単純なことで
はありませんので、サービスの内容に注目して、納得のいくもの
を選んでください。

関連エントリー

 
Copyright © 2009-2010 引越し・転居の手続き準備ガイド. All rights reserved