見つけ難い破損部分

ネジ

気にしておいた方が良い、見つけ難い破損のポイントがあれば、
予め教えてください。

■たんすの天板・底板
たんすは基本的に、使用するのと同じ形に立てて運搬します。

扉の側面は比較的運搬中も目につくのですが、底板、天板、裏面
に傷がつき易い傾向にあります。

特に裏面は板材も薄いので、割れたりしていないか確認しておき
ましょう。


■家具の取っ手
引き出しの取っ手など、出っ張りがある場合、輸送中に他の荷物
とぶつかりあったキズがつくことがあります。

また金属の取っ手は、裏面からネジで留めてあるものが多く、ぶ
つかり合うことで緩んでいる場合がありますので確認しておきま
しょう。


■大型家具の底
大きな家具の場合、搬入経路の途中で、向きを変えたり下ろした
りすることが頻繁にあります。特に底の部分は、向きを変える時
の支点にしたり、荷重がかかることが多いので痛み易いのです。


■組み立て家具
古い家具や表面材を接着剤で貼り付けてあるようなテレビボード
などは、特に角の部分から剥がれやすいものです。

作業員も特に四つ角は十分に梱包して慎重に運ぶのですが、搬入
中の振動などによって、多少の傷がつくことも考えられます。


■座卓の側面、裏側
座卓やベッドの台など、比較的厚みのないものは、立てたり横向
きに積み込まれることが多いものです。特に側面に擦り傷が付き
易いので確認しておきましょう。


■テレビやオーディオのボタン類
操作スイッチのボタン類は、破損しやすい箇所です。しかも使用
するまでは発見し難いものなので、注意しておきましょう。


■洗濯機の蓋
電化製品の開閉の不具合も、後から見つかるトラブルです。運搬
中の振動によって、ネジが緩んでいるぐらいなら、早めの調整で
大事には至らないでしょう。そのまま使い続けて破損した場合、
補償の対象とならない場合もあるので、注意して確認しておきた
い箇所です。

うふふ、好きな人と結婚相談所知り合うことが出来たわ♪

関連エントリー

 
Copyright © 2009-2010 引越し・転居の手続き準備ガイド. All rights reserved